みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主 直虎 第21話のあらすじとネタバレ!「ぬしの名は」

      2017/05/27

おんな城主直虎あらすじ第21話「ぬしの名は」

5月28日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第21話「ぬしの名は」の詳細なあらすじです。

前回(第20話)はこちら。
第20話のあらすじ「第三の女」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第21話「ぬしの名は」あらすじ

年が明け、駿府で新たな騒動が起こった。

方久(ムロツヨシ)が駿府に持ち込んで開発を進めていた種子島を、今川の命で別の商人に任せると一方的に決めてしまったのだ。これにより、井伊で作って商売に使えるものは綿布だけになった。

方久「これからは気賀の時代にございます!」

気賀とは、浜名湖に面する町のことだ。
方久の提案で、直虎たちは気賀を視察に訪れた。
交通の便がよく商売が盛んな土地で、商人たちが領地を治めているという、今川から特別な扱いを受けている町だった。

そんな気賀を歩き回っているとき、直虎(柴咲コウ)の銭入れがすられてしまった。
犯人は子供だ。
逃げる犯人を追っていると、コワモテの男たちが現れ、直虎の身を捕らえて連れ去ってしまった。
 

直虎は、とある集落に連れ去られた。
そこではたくさんの男たちが暮らしていたが、その中で「頭」と呼ばれている男を見て、直虎は驚いた。
牢獄を脱走したあの旅の者(柳楽優弥)だったのだ。

直虎「…お、お主…」
旅の者「こいつは井伊の領主・直虎だ」

そこにいた一味は皆、仰天している。

旅の者「男か女か分からんような珍妙な生き物だったって話しただろうが…やっかいなもん、連れてきやがって」
手下「どうしやす。湖にでも捨ててきますか」

直虎は戦慄したが、すぐに大声で叫んでいた。

直虎「さ、さようなことをしてみよ! おのれら皆、ひっ捕らえ打ち首にするぞ!」

スポンサーリンク

旅の者はにやにやと笑いを浮かべながら言った。

旅の者「少しは振る舞いをお考えになったほうがよろしいかと思いますがね。井伊に戻ればご領主様かもしれませんが、ここではただのおなご。一人じゃ、ここから出てくこともできねぇでしょうが」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

タグ: