みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主 直虎 第16話のあらすじとネタバレ!「綿毛の案」

      2017/05/16

おんな城主直虎あらすじ第16話「綿毛の案」

4月23日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第16話「綿毛の案」の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第16話「綿毛の案」あらすじ

直虎(柴咲コウ)は瀬戸村を訪れ、方久(ムロツヨシ)がそれを出迎えた。
方久「よく無事でお戻りに」
直虎「銭の力は借りられなかったが、なんとか戻ってこられたぞ」

方久は少しも悪びれることなく、大きく頷いた。
方久「方久は信じておりました。直虎様ならきっと、銭の力など借りずとも己の才覚で戻っていらっしゃると」
直之「よく言うのぅ」

そんな方久は、いい話を用意していると言うと、従者を呼び寄せた。
三方の上に、雲のようなふわふわしたものが乗っている。

直虎「なんじゃ、これは」
方久「木綿にございます」

直虎にとっては初めて聞く名前だ。

方久「麻より柔らこうござるな」
中野直之(矢本悠馬)は、自分が来ている麻の着物となで比べている。

方久「木綿は丈夫で柔らかく、冬場の暖かさにも優れております。いずれ麻に取って代わることは間違いなし。飛ぶように売れるようになりましょう。そこで、どん!」
方久は綿の実を取り出した。

方久「もととなるこの綿の実を井伊で作ってはいかがかと」

直虎は心底感心した。
直虎「方久…そなたはまことに素晴らしいの」
方久「もったいなきお言葉!」

そう言うと、方久は平伏した。
直虎「なんという銭の犬じゃ!」
方久「うーカンカン! カーン!」
盛り上がる2人を横目に、直之はやや引いている。

方久「さっそく甚兵衛に育てさせましょう!」

スポンサーリンク

甚兵衛「試すっくらいならできましょうが…」
甚兵衛は小さな綿の種を見ながら、困惑した様子で言った。

直虎「なんじゃ、申してみよ」
甚兵衛「売るほど育てるにやあー、人が足らんかと。先に下されました3年荒野のお話、耕した土地が己のもんとなり、しかも3年間お年貢はなしっちゅう、大層ありがたきものではごぜえますが、わしらも思うようにはなかなか取り組めんので…」

人手が足りないというのは盲点だった。
直虎たちは仕切り直して考えることにした。

直虎「人ばかりは、増やせと言ってすぐ増やせるものでもないしのぅ」
直之「戦では、足りぬ場合は借りてまいりますが」
直虎「借りる?人をか?」
直之「ええ。他家に頼んだり」
直虎「え!では借りてくればよいのか?」
直之「あくまで戦の場合の話にござって、平時に百姓を借りるなどという珍妙な話は聞いたことがございませぬぞ」

直虎はやってみないと分からないと言い、がぜんやる気になっている。
六左衛門(田中美央)のもとに、直虎と直之がやってきた。

直之「殿が、鈴木の家に足りぬ百姓を借りると言い出されたのでござる」
鈴木や菅沼、近藤は浜名湖周辺を領有する領主で、今川家から目付を言いつかっているが、もともとは井伊家の被官だった。

直虎「鈴木の家は直親殿の母上の生家であるし、鈴木殿の妻は奥山の出。井伊とは親戚じゃし、一つ助けていただけぬかと思うてな」
六左衛門「はぁ」

直虎の突拍子もない発想には慣れている六左衛門は、大して驚くこともなかった。
直虎「ということでな、明日発つぞ、六左」
六左衛門「え?それがしが行くのでございますか?」
直虎「鈴木の家といちばん近しいのはそなたではないか。善は急げじゃ!」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3 4

タグ: