みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主 直虎 第11話のあらすじとネタバレ!「さらば愛しき人よ」

      2017/03/19

おんな城主直虎あらすじ第11話「さらば愛しき人よ」

3月19日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第11話「さらば愛しき人よ」の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

おんな城主 直虎 第11話「さらば愛しき人よ」あらすじ

夜が明けた。
すっかり力が抜けてしまった瀬名(菜々緒)を、役人が館から引きずりだした。

次郎(柴咲コウ)がその背後から追いすがる。
次郎「まだ引導を渡しておらぬのじゃ!
きちんと念を払わぬと、祟りが残りますぞ!」

スポンサーリンク


そこへ、馬に乗った武将が駆け付けた。
「松平元康が家臣、石川数正と申す!」

石川数正が言うところによると、自害した上ノ郷城の城主・鵜殿長照の2子を捕虜にして、これを人質交換に使うのだという。
元康(阿部サダヲ)は、瀬名たちを見殺しにはしなかったのだ。
この奇策が功を奏し、瀬名と竹千代、亀姫は岡崎に送られることになった。

一方で、犠牲を払うことにもなってしまった。
瀬名の母・佐名(花總まり)とその夫は、娘婿の謀反で自害を命じられた。
次郎には、手を合わせて読経することしかできなかった。

次郎が井伊谷に戻ってしばらくすると、山伏が訪ねてきた。
松平元康の使いだという。

山伏「瀬名様を救っていただいたお礼です。
こちらを井伊の殿に」
そう言うと、進物と書状を手渡した。

書状には、直親(三浦春馬)を鷹狩りに招きたいという内容が書かれていた。
これを読んだ直親は、政次(高橋一生)にも目を通すよう手渡した。
政次「かようなものを目付に見せ、どうなさるおつもりで。
内通をするぞと言っておられるようなものではないですか」

直親は、笑顔で返した。
直親「だから、最後は政次に決めてもらいたくてな」
政次「またこれか…」

直親「今川はもう立ち直れまい。
その道連れになるのはまっぴらじゃ。
となれば、どこかで松平と接触せねばならぬ」

政次「…俺とて、今川と共倒れなどごめんだ」

直親は、政次を見つめ、頷いた。

スポンサーリンク

三河に近い山寺で、松平元康と井伊直親の密談が開かれた。
元康は、顔を合わせるなり直親の手を取って礼を言った。
元康「この元康、井伊のためなら今後どのようなお力添えも惜しむまいと思うております!」

直親は満面の笑みで井伊谷に帰還した。
政次「どんなお方であった?」
直親「お年の割に貫禄のある、精悍な顔つきのお方で、手にやけどの跡があられた」

直親と政次は、龍潭寺の井戸端で話をしている。
突然、直親が切り出した。
直親「政次は嫁をもらわぬのか」

政次は虚をつかれ、驚いた表情になった。
直親は、松平家と縁組みの話も出たことを伝えた。

直親「今川の配下から脱すれば、次郎はすぐにでも還俗できる。そうなれば、俺は、お前と一緒になるのがよいのではないかと思っておる」
政次「次郎様がお望みにはならぬでしょう」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

タグ: