みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎第7回のあらすじとネタバレ!「検地がやってきた」

      2017/02/22

おんな城主直虎あらすじ第7話「検地がやってきた」

2月19日放送のおんな城主 直虎
第7回「検地がやってきた」の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第7話「検地がやってきた」あらすじ

井伊家の跡継ぎは直親(三浦春馬)に決まり、井伊家内に平穏が戻った。

そんな中、今川からある知らせが届いた。
「今川は今一度検地をやり直し、国衆たちへの賦役と軍役を見直すそうじゃ」

検地となれば、井伊谷の石高や集落の人数などを今川の役人が調べ直すことになる。
これには、川名で暮らす井伊直平(前田吟)が抵抗した。
「一歩でも川名に立ち入ろうものなら、血の雨が降ることになるからな!」

直親は川名を訪れた。
直平に導かれて山道を登っていくと、突然現れた絶景に息をのんだ。

何段にも重なる棚田には稲穂が揺れている。
そこに夕日が差し込む景色は、例えようがないほど美しい。

「ここは、もしもの時に井伊の民が逃げ込む隠し里でな。
今川に追い込まれたときも、ここに隠れて命脈を保った。
文字通りの最後の砦なのじゃ」

居館に戻った直親は、川名の隠し里を今川に隠し通すという決意を直盛(杉本哲太)に話した。
「以前、今川に差し出した絵図にも、この里のことは描いていないという話ですし、この件はそれがしにお任せいただけませんでしょうか」
帰参後の初仕事として直親に任された。

直親は手始めに龍潭寺に向かった。
次郎(柴咲コウ)の子どもの頃からの友に、今川の居館に出入りしている者がいることを思い出したのだ。

直親の思いがけない訪問に驚く次郎だったが、直親は口早に用件を伝えた。
次郎はすぐに瀬名様(菜々緒)のことだと理解した。
「検地に来る方々の名前、好み、弱み。要するにどうしたら抱き込めるかを知りたい」
やれるだけやってくれないか、
という次期当主の頼みを受けて、次郎はすぐに文を書き始めた。

スポンサーリンク

直親は再び川名に戻った。
直平や家人を連れて、隠し里に通じる道が見つからないよう細工をすることにした。

この仕事を終えると、小野の屋敷を訪れた。
川名の指出*を持ってきたのだ。

指出(さしだし)とは、
田畑の広さや農作物の取れ高、集落の人数などを記した帳簿のこと。

指出を受け取った政次は、すぐに目を通した。
「隠し里の分が欠けているようですが…」
直親は、こちらにあると言って、別の冊子を出した。

「こちらは出さずにおきたい。
つまり、川名の隠し里をないことにしてしまいたいのだ」
政次が、やはりそうか…という顔になった。

直親は賭けに出た。
小野政次(高橋一生)は、井伊家では家老、今川家にとっては目付。
板挟みになっているであろう政次の心に訴えることにした。

「鶴が加担したくないと思うなら、この冊子をつけて出してくれ。
ひと肌脱いでくれるというなら、そのまま破り捨ててくれ。
俺は鶴の決めたほうに従う」

翌朝、各地の指出をまとめた政次は、提出する検地帳を持って直親のもとを訪れた。
「指出をおあらため願えますか」
川名の隠し里が書かれていないことを確認した。
「但馬守、恩に着る」
直親は深く頭を下げた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: