みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎第4話のあらすじとネタバレ!「女子にこそあれ次郎法師」

      2017/02/11

おんな城主直虎あらすじ第4話「女子にこそあれ次郎法師」

1月29日放送のおんな城主 直虎
第4話「女子にこそあれ次郎法師」の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第4話「女子にこそあれ次郎法師」あらすじ

とわたちは井伊谷に戻ってきた。
直平(前田吟)は直盛(杉本哲太)に説得されて、鶴丸を小野の屋敷に戻した。

とわの出家が本領安堵の条件になっているので、すぐに還俗(げんぞく)させるのは難しい。
とはいえ、井伊谷には平穏な日々が戻ってくると思われた。

そんなある日、南渓(小林薫)がとわを龍潭寺に引き取りたいと言い出した。
在家で尼の暮らしをすることは、おとわには退屈なのではないかと南渓は言う。

当のとわはというと、今頃になって出家することに抵抗していた。
「だって、出家したら亀と一緒になれぬではないですか」

直盛はあきれた。
覚悟の上での決断ではなかったのか…。

千賀(財前直見)がおとわの手を取って語りかけた。
「母はあなたを誇りに思っています。己の身を挺して井伊を救うなぞ、誰にでもできることではない。とわは、まさに三国一の姫!」
母に褒められるなど、滅多にないことだ。
とわはあっけなく丸め込まれてしまった。

スポンサーリンク

心穏やかでないのは、井伊の人質になるという恥辱を味わった鶴丸だった。
鶴丸は、父の政直(吹越満)に願い出た。
「これ以上、井伊の目の仇にされるようなことは、どうかおやめくださいませ」

政直は、自分も困っていると言ってため息をついた。
「あらぬ疑いばかりかけられて、根も葉もないことで恨まれ…どうしたらええものか」
薄ら笑いを浮かべながら呟いた。
鶴丸は、嫌悪感と不信感を募らせていた。

井伊の居館で得度式が行われた。
南渓の手で、とわの短い髪がきれいに剃り上げられていく。

僧衣をまとったとわに向かって、南渓が宣言した。
「これよりそなたの名を次郎法師とする」
次郎とは、井伊の家督を継ぐ者の幼名だ。直盛の幼名も次郎だった。

男の名は抵抗があるか、と南渓が尋ねた。
「いえ、われが本物の次郎であったら、亀もあのような目に遭わずにすんだのではないかと」

場の空気が重くなった。
とわは顔を上げて、できるだけ明るいで言った。
「とわは立派な次郎法師になりまする!」

禅寺への入門は、とわにとって訳の分からないものだった。
挨拶に出向いたとわに、南渓はこう問いかけた。
「お主はここに何しに来た」
「家の事情で出家せねばならなくなり…」
「ほう、出家とはなんぞや」
「お坊様になることですか?」
「僧とはなんぞや?」

龍潭寺での生活様式も混乱の連続だった。
寝泊まりは皆と同部屋。
食事、掃除、畑仕事といった日常の作務のすべては修行。
下っ端のとわは、質問も口答えも許されなかった。
持ったこともない鍬を手にして、見よう見まねで農作業するしかなかった。

くたくたになって戻った僧たちに出される昼食は質素なもの。
しかも、僧たちは自分に与えられた米から何粒かを取り分けているのだ。
とわがあ然としていると、昊天(小松和重)が囁いた。
「あれは施餓鬼。餓鬼道に落ちた衆生に施すのは、僧の務めです」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2

タグ: