みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎第3話のあらすじとネタバレ!「おとわ危機一髪」

      2017/02/11

おんな城主直虎あらすじ第3話「おとわ危機一髪」

1月22日放送のおんな城主 直虎
第3話「おとわ危機一髪」の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第3話「おとわ危機一髪」あらすじ

出家すれば誰とも結婚せずに済む。
和尚様のように、頭を丸めればいいんだ。

とわは剃刀で髪を切り落とし始めた。
何度も手が滑り、血だらけになってしまった。

そんなおとわの姿を見つけた直盛(杉本哲太)は、驚いて絶叫した。
これが新たな火種となるのだった。

これでは夫婦約束など無理だと、居合わせた小野和泉守(吹越満)は言った。
すぐに今川家に注進した。

その結果、評定の場が設けられた。

度重なる井伊家のふるまい言語道断。
このうえは忠義の証しに、息女・とわを人質として遣わすこと。
万一この義に背くことあらば、成敗もやむなし

直盛は生気のない声で書状を読んだ。

これに対し、直平(前田吟)は猛然と牙をむいた。
「今川に人質を渡すくらいなら、井伊は戦に及ぶとそう伝えてこい!もちろん小野の家も皆殺しにする!」

直盛は大いに頭を悩まされることになった。
かわいい一人娘を人質になど断じて出したくはない。

しかし、とわを人質に出さなければ井伊家はお取り潰し。
行けば行ったで直平が挙兵し、結果、お取り潰しになろう。
どちらにしろ井伊家は消滅してしまう…

苦しむ父を見ていられなくなり、とわは龍潭寺の南渓和尚(小林薫)のもとを訪れた。
「和尚様のせいじゃ!和尚様が、答えは一つではないと言うたから…」

南渓は一計を携え、井伊の居館へ向かった。
「いっそのこと、おとわの出家を今川に認めてもらってはどうかと」

井伊家は跡継ぎ不在であることには変わらない。
次の当主を決めるのは、今川の意のままだ。
そこに気付かせることができれば、とわは出家を許され、井伊谷に帰ってこられる。
それが南渓の苦肉の策だった。

あとは、ほとぼりが冷めた頃に、とわを還俗させればよいという南渓の案を、直盛は受け入れた。
とわは、左馬助(苅谷俊介)、たけ(梅沢昌代)とともに駿府に旅立った。

スポンサーリンク

一足先に出立していた南渓は、駿府にある寺で太原雪斎(佐野史郎)と対面していた。
同じ臨済宗の先達であり、今川家の内政・外交・軍事で義元を補佐する最高顧問の軍師である。
南渓は、雪斎を口説き落とせれば勝ったも同然だと考えていた。

「太守様にはお伝えしておくが。やはり人質として取っておけ、とお考えになるであろうがの」
雪斎の返答は、期待できるものとは言えなかった。
南渓は次の一手を考え、とわの到着を待った。

駿府に到着したとわは、賑やかな街に驚き、きょろきょろと辺りを見回しながら歩いた。
駿府の町並みはきらびやかで洗練されていた。
人々の服装も垢抜けている。
とわの目には、全てが新鮮な驚きだった。

何度も訪れている左馬助が
「諸国との商いも盛んでございますから、人も物も集まってまいります。京の公家も太守様を頼ってやって来たり」
と言った。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: