みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

川谷元妻がベッキーに送った抗議文とは?文春が謝罪の全貌を暴露!

   

週刊文春ベッキー

週刊文春5月26日号

ベッキーとゲス川谷の騒動で新たな動きがありました。

週刊文春5月26日号で『ベッキーに川谷元妻が抗議文を送った!』との表題の記事を掲載しました。

ベッキーと川谷絵音、元妻の3人、およびそれぞれの弁護士が立ち会い、ベッキーから川谷の元妻(A子さん)への謝罪の場が設けられました。
上述の記事で、その面会の場の全貌を報じています。

スポンサーリンク

記事の内容は?

妻と不倫相手が初対面するという張り詰めた空気の中、

「レベッカ・英里・レイボーンと申します」

ベッキーは本名を名乗り、席に着いた。

A子さんの弁護士が面会の趣旨を説明し終えると、ベッキーは、

「では、私からでよろしいでしょうか」

と、正面に座るA子さんに向かって謝罪の言葉を切り出した。途中からは涙声だった。

「いけないとずっと思っておりました。お気持ちを文春の記事で知り、A子さんを苦しめてしまったということを知りました。本当に申し訳ございません」

A子さんは表情を変えず、その言葉を聞いていたという。そして、ベッキーの言葉が終わると、こう告げた。

「二人でなく(川谷も含めた)三人で面会したい、と私がずっと粘っていたように思われたかもしれませんが、彼のいる前で、本当のことを話して欲しかっただけなんです」

穏やかな口調だった。ベッキーはA子さんの言葉に「はい」と頷く。

面会は二十分ほどで終了。最後にA子さんはベッキーに向かってこう言葉をかけ、微笑んだという。

「がんばってくださいね。私もがんばります」

A子さんが先に退室しても、ベッキーはしばらく頭を下げ続けていた。A子さんは面会の間、声を荒げることもなく、ずっと柔和な表情だったという。

スポンサーリンク

笑顔の下の”妻のプライド”

「実際にはA子さんは、ベッキーとの初めての対面に、かなり緊張していました。無理をして笑顔を浮かべていたようです。服装もきっちり整え、五歳年上のベッキーに対して、しっかりとした大人の女性に見えるようにしていました。ベッキーに見せた笑顔もそうですが、それは不倫相手に対する”妻のプライド”だったのかもしれません。

実は同じ日に川谷側がA子さんとの離婚届を提出しました。前もってA子さんが署名捺印したものを渡していたそうです。ベッキーとの対面では、A子さんの弁護士が開口一番、『この日をもって水に流しましょう』と挨拶したそうですが、A子さんにとって、この五月二日はまさに再出発の日だったのです」
(音楽関係者)

それはベッキー、そして川谷にとっても同じだった。〈我々夫婦は話し合いの末に離婚しました事をご報告致します。これからもミュージシャンとして、1人の人間として、成長していけるように頑張ります〉

一週間後の九日、川谷はブログで離婚を発表。すると十日にはベッキーの復帰が報じられる。「スポーツニッポン」は、

〈ベッキー今月にも復帰〉

という見出しで、ベッキーがTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で復帰を果たすと報じた。だが早ければ五月末の復帰という観測で、収録日などの詳細な情報はなかった。

ところが翌十一日の「日刊スポーツ」は、すでに四月三十日にベッキーが金スマの収録を済ませていたと報じた。結果的にはニッカンの報道が正しかった。TBS関係者が内情を明かす。

「ベッキーが奥さんへ謝罪した二日前には、すでにロケは済んでいたのです。ベッキーが奥さんに謝罪する日が五月二日に決定したのは四月二十七日。するとベッキーサイドはすぐに金スマ側に連絡し、二十八日には二日後のロケ参加が決まりました」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - 芸能人
タグ: